40歳代のオジサンの貢くん日記
サイトに合う画像

マンション購入は自分名義のほうがいいの?

HOME
記事01
記事02
記事03
記事04
マンション購入すると登記が必要となり
その登記の名前が自分か自分以外の誰かと一緒にするかで
自分名義と共有名義とわかれます。

共有名義のメリットとしては
ローンを借りる際などの収入が
共有名義人全体で審査されるので
自分名義でより多くの金額借りることができる場合があります。

また税制上も住宅ローン控除を条件もありますが
効率的に利用することが可能になります。

このように共有名義には
メリットが多く見受けられますが制約もあります。

将来マンションを処分する時などは
共有名義人の一人でも反対した場合は
処分できなかったり
例えば親子で共同名義にして
親が亡くなって他に兄弟などいた場合
相続の対象となるので住んでいる
子供のマンションの所有権が複雑になるという場合があります。

その反面自分名義の場合は
登記には自分の名前しかなく所有権がはっきりしていますので
そのような問題は発生しにくくなっています。

このようにマンション購入時に自分名義にするかしないかで
様々なメリットデメリットがあります。

短期的に考えるのではなく
長期的にしっかり考えマンションは購入しましょう。
 
 
Copyright (C) 40歳代のオジサンの貢くん日記. All Rights Reserved.